本文へスキップ

書籍紹介book

書籍紹介

スタッフおすすめの書籍です。ぜひご一読ください。




「高校生と教師の憲法授業」
18歳選挙権が目前  主権者となるために


                   日本機関紙出版センター 1,700円+税

 「18歳選挙権」の実施が目前に迫っています。そこには、改憲の国民投票が、ダブって見えます。そうした折に、「学びたい気持ちに応える豊かな実践とそれを支える専門知識で、より進化した“平和のための憲法授業”を提案する」として、この5月に発売されたばかりの本です
 著者の稲次寛(いなつぎ・ゆたか)さんは、兵庫県高教組の専従書記長の任期を終え、4月から高校の社会科教諭に現場復帰。「公務員として憲法擁護義務を負っている」「これからは教育実践を」と張り切っています。これに、神戸学院大の上脇博之(かみわき・ひろし)教授が、「より深く憲法を学ぼう」「キーワードから日本国憲法を学ぶ」を加え、「学問的に補強」して硬軟取り混ぜた“実践の書”となっています。T




「福島のおコメは安全ですが、食べてくれなくて結構です。」
                          かもがわ出版 定価1400円+税
                                

「福島のおコメは安全ですが、食べてくれなくて結構です。」  著者は「かたやまいずみ」フリーライター、今回が初作品である。目からうろこの題名だ。安全なら食べてくださいと書くべきだろう。それは、読んでいるうちにわかってきた。
 今、福島県はコメの放射線量検査を全袋実施している。そして1年目(2012年度)、福島県全体で1170万袋測ったが、100ベクトルの基準を超えたのが71袋あった。それが、2年目の2013年度、1100万袋以上測って、基準を超えたのが28袋だった。3年目の2014年度では、全袋基準値を下回った。それでも、福島のおコメは売れない。
 三浦さんはとにかく焦らない。焦らないで、長い時間がかかるかもしれないが「待つことが大事」だと思っている。「安全だけど、安心して買いたい」消費者がそうなるまで。国や東電との交渉、これからの福島の将来、やることは山ほどある。「どうやって楽しく生きていくかが人生のすべて」と言う。ニコニコしながら話す三浦さんの実践がつまった本である。(K)

芦屋「九条の会」

事務局長 片岡 隆
TEL: 090ー7118-2312
E-mail: ashiya9jou@gmail.com

inserted by FC2 system